ニュースリリース 「DATA PLATFORM GL7000 Plus」

ユーザーニーズにより生まれ変わったハイエンドロガー
DATA PLATFORM「GL7000 Plus」新登場!

更新日:2018/10/01NO:Vol.18-003

  • より詳細な事象をピンポイントで捉える(デュアルサンプリング機能)
  • より直感的な操作を実現(ひずみ・加速度入力設定改良)
  • より使い易くリニューアル(SDKソフトウェア開発キット)

グラフテック株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長 佐々木秀吉)は、データロガーのハイエンドモデルとしてDATA PLATFORM 「GL7000 Plus」を2018年11月1日より発売いたします。

昨今、各種耐久試験やベンチテストなどのデータ収集で求められる入力信号は、電圧・温度・ひずみ・加速度など多岐に亘っております。これら様々な入力信号に対し現行モデルの「GL7000」は、各種入力毎に個別アンプユニットをご用意し、その組合せによって様々な入力を多チャネルで同時に収録することが出来る製品としてご好評いただいております。
今回発売いたします「GL7000 Plus」は、「GL7000」発売開始以来、6年に及ぶ販売期間を通して当社が培った豊富な経験と、その間にお客様から頂戴した様々なニーズを取り入れたニューモデルとなっております。

本モデルより新機能として「デュアルサンプリング機能」を搭載しました。こちらは低速・高速ふたつのサンプリング間隔が設定可能で、低速サンプリングで収録しながら、トリガにより高速サンプリングでも同時収録が可能の為、不具合発生時の詳細データを確認することが出来る機能となります。
用途としては、耐久試験などで長時間収録時の不規則に起こる過渡現象を高速サンプリングで収録することにより、現象の細かな動きを確認することができます。

また、年々需要が増えておりますひずみ・加速度収録については、専用のアンプユニットをそれぞれご用意し、これらにより市販品のセンサーを接続することが可能となります。接続されるセンサーはメーカー毎に校正係数などの入力が必要ですが、これらのアンプユニットは、各センサーメーカの発行する試験成績書のデータをより感覚的に入力出来る様に改善することで、簡単に各種センサーを接続できるようになりました。

さらに、お客様ご自身で「GL7000 Plus」を組み込んだソフトを開発されたい際には、当社ではSDK(ソフトウェア開発キット)をご提供しておりますが、今回、LabVIEW VIの上位モジュールを新たに追加し、より短時間でプログラムを作成いただけるように改善をいたしました。
その他、マイク入力対応や画面下ユーザーインタフェースの改善、データ転送の高速化、1ファイル2GBから4GBへの容量変更など、多岐に亘る改良と機能アップを行いました。

尚、現行の「GL7000」をご使用いただいているお客様には、Webからの本体ファーム、PCソフトウェアのダウンロードにより、無償で「GL7000 Plus」へバージョンアップが可能となっております。

グラフテック株式会社は、これからも更なる計測ビジネスの拡大を図るため、お客様のご要望を取り入れた商品の改良、新製品のご提案を行ってまいります。

「DATA PLATFORM GL7000 Plus」の主な特長

1.より詳細な事象をピンポイントで捉える新機能(デュアルサンプリング機能)

低速・高速ふたつのサンプリング間隔が設定可能。低速サンプリングで収録しながら、トリガにより高速サンプリングでも同時収録を行える為、不具合発生時の詳細データを確認可能。

2.より直感的な操作を実現(ひずみ・加速度入力設定改良)

頻繁に使用する機能へより簡単にアクセス、ひずみセンサは各社試験成績書のフォーマットから簡単に入力可能。

3.より使い易くリニューアル(SDK ソフトウェア開発キット)

より短時間でプログラムを作成することが出来る、Lab VIEW VIの上位モジュールを新たに追加。

品名・型名・価格

本体

品名 型名 価格(税込) 仕様/概要
DATA PLATFORM GL7000 Plus 130,000円(税込140,400円) 各アンプユニット必要

主な仕様

項目 内容
GL7000 Plus本体 PCインタフェース:イーサネット(10BASE-T/100BASE-TX)・USB2.0(ハイスピード対応)
記憶媒体:内蔵RAM200万データ(各アンプユニットに装着)、内蔵フラッシュメモリ約4GB、SSD128GB(オプション)
リモート機能、同期接続機能(5台)、1台の本体で最大112ch測定可能
PCソフトウェアGL-Connection標準付属(midi LOGGERシリーズとの接続で最大2000ch測定可能)
アンプユニット 電圧、電圧/温度、高速電圧、高電圧、ひずみ、加速度、アナログ電圧出力、ロジック/パルス 全8種
SSDユニット 収録容量:128GB(1ファイル4GB、リレー収録機能にて4GB単位で連続収録可能)
表示ユニット 5.7インチTFTカラー、静電容量式タッチパネル

主な追加機能

項目 内容
デュアルサンプリング 高速サンプリングデータ収録先:内蔵RAM/SSD(オプション)
低速サンプリングデータ収録先:内蔵フラッシュ/SDカード
リモートロック解除 ソフトウェアの制御下にある場合でもGL7000との通信を一時的に停止し、GL7000の設定変更や収録制御を本体画面にて可能。(GL-Connectionにて対応)
ひずみユニット 定格容量および、定格出力または校正係数の入力による設定(どちらかの入力で他は自動計算)
オートバランス操作(ch別、ユニット別、全ユニット)
加速度ユニット マイク入力(アンプ内蔵型マイクロフォン対応)
GL-Connection カーソル同期機能(ファイルをまたいで同期)、アンプ設定一覧表示、
PC収録On-Off(PC側での収録をOffで、GL7000の制御のみにする)
SDK
(ソフトウェア開発キット)
LabVIEW VI(コマンドおよび受信関連)、サンプルプログラム(VisualC++・VisualBasic・.NET Framework)
USBドライバ、マニュアル(本体制御関連・通信関連・データファイル関連)

■ 発売時期・販売予定台数
2018年11月1日・初年度500台

報道関係の方のお問い合わせ先 商品企画部
TEL : (045) 825-6260
お客様からの資料請求 お問い合わせ先 コールセンター
TEL (ナビダイヤル) : 0570-016262
Mail : graphcs@graphtec.co.jp