インライン温度試験装置 低高温型 CVL-LHF

概要


低温、高温下での動作を保証するため、実際に高温(+120 ℃)低温(−40 ℃)の状態を基板に与え試験を行なう装置です。本装置は電子部品などを搭載したプリント基板を、所定の低温、高温環境下に急激にさらすヒートショック試験を行ないます。低温試験部及び高温試験部にて機能テストを行い、その結果に基づいてプリント基板へ合否の捺印を行ないます。装置にはリターンコンベアが装着されていて、試験終了後に自動で排出され整列させます。

仕様

  • 項目 内容
    低温槽 −20 ℃〜−40 ℃
    中間槽 結露防止型
    高温槽 70 ℃〜120 ℃
    温度分布 ±3 ℃
    搬送ライン数 1 ライン
    返送ライン リターンコンベアあり
    搬送方法 チェーンによるタクト送り
    対象ワーク 部品搭載の基板
    ワーク試験部 低温槽、高温槽にフィクスチャ機構(ピンボード)装備
    合否判定部 捺印機構装備

装置構成