自動トンボ読み取りシステム 「ARMS 6.0」でプリント&カット時の生産性が向上

ARMSとはAdvanced Registration Mark Sensing System の略で、グラフテックの最新カッティングプロッタに搭載された自動トンボ読み取りシステムです。カッティングマシン本体の性能に、ARMSのトンボ(位置あわせマーク)読み取り機能を合わせることで、プリント&カットの生産性を格段に向上します。


ARMS詳細情報

1点トンボによるトンボ付きデータのコピーカット

カッティングプロッタにデータを1回転送すれば、同じデータを連続カット可能です。
FCX2000シリーズでは、Cutting Master 4やGraphtec Pro Studioを使用することにより、初めの1回のみ4点トンボを読み込みカットしますが、2回目以降は1点トンボ読み込みで自動的にデータ補正をしカットする為、カット時間が大幅に短縮できます。

複数のメディアを一度にコピーカット

メディアを差し替えながらコピーカット


裏面トンボ読み込み機能

通常は印刷面を上向きにカットしますが、印刷面を傷つけないように用紙を裏返してカットや罫引きする事ができます。
FCX2000シリーズでは、Cutting Master 4やGraphtec Pro Studioを使用することにより従来より操作が簡単になりました。


トンボ枠の外側カット

従来のカット範囲はトンボの内側のみでしたが、外側もカットが出来るようになりました。
メディアの無駄を減らし、生産効率が上がります。


Adobe Illustrator トリムマークのトンボ対応

プラグインソフト Cutting Master 4と組み合わせることにより、このトリムマークを用いてカットの位置あわせを行うことができます。


反転トンボ

ARMSのトンボ機能に白黒反転トンボを追加。
ホログラムシートなど表面の光沢が強く、従来のトンボ機能では読み取りができなかったメディアでも位置あわせができるようになりました。
白黒反転トンボの作成は標準付属ソフト Cutting Master 4/Graphtec Pro Studioより簡単に行うことができます。


その他、便利なARMS機能に対応

上記の機能以外にも便利な ARMS機能 に多数対応しています。詳細は「自動トンボ読み取りシステム ARMS(アームズ)」を参照ください。